デリケートゾーン ボディソープ ランキング

デリケートゾーン向けボディソープランキング※外したくないならコレ!

このサイトはデリケートゾーン向けボディソープについて詳しく書いています。

 

デリケートゾーン向けボディソープってどれがいいの?

 

デリケートゾーン向けボディソープって本当に効くの?

 

という方の参考になれば幸いです。


デリケートゾーン向けボディソープの選び方

デリケートゾーン向けボディソープを選ぶには3つのポイントがあります。

 

1つ目は、刺激が少ない成分を使っていることです。

 

デリケートゾーンはその名の通り刺激に弱く傷つきやすい場所です。

 

ボディソープの刺激によってデリケートゾーンが傷ついたり乾燥したりすると、においの原因となる雑菌が増えたり黒ずみを引き起こしたりします。

 

2つ目は泡立ちがよいことです。

 

デリケートゾーン向けボディソープの効果を引き出すにはタオルなどでこするのではなく、よく泡立てて包み込むようにパックすることが大切です。

 

泡の中の空気が汚れを浮かせることによって、不要な雑菌だけを洗い流すことができるのです。

 

このため泡立ちのよいものを選ぶ方がより高い効果が期待できます。

 

3つ目は保湿成分が配合されていることです。

 

デリケートゾーンを洗うと、一時的に肌のバリア機能も洗い流してしまい肌が傷つきやすくなり、黒ずみを引き起こすことになります。

 

肌のバリア機能は約12時間で回復しますが、それまでの間はデリケートゾーンを保湿して肌をガードすることが必要です。

 

そのため保湿成分が含まれていることがデリケートゾーン向けボディソープを選ぶうえで重要なポイントになります。


デリケートゾーン向けボディソープランキング

デリケートゾーン向けボディソープ1位 クリアネオパールの特徴

・オーガニック成分配合の美肌サポートプレミアム保湿ソープ

・着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、パラペン、シリコーン無添加で低刺激

・天然色素アスタキサンチンによる淡いピンク色とシャボテンの香り

・デリケートな女性の肌を洗い上げる5種類の洗浄成分を配合

・高保湿成分サクランと9種類の保湿成分配合でお風呂上がりのケアが不要

・美肌サポート成分を贅沢に配合

価格 通常価格1本3480円
評価 評価5
備考 定期便1本2980円(税込)、送料660円
デリケートゾーン向けボディソープ1位 クリアネオパールの総評

においのない美肌を手に入れたい女性のためのボディソープです。

第3者機関で24時間閉塞パッチテスト、低スティンギングテスト、RIPTと3種類の商品検査を行い、これらの試験の基準をすべてクリアしていますから、より多くの方に使用してもらえます。

エコサート認証オーガニック成分7種と有機JAS認証オーガニック成分2種を贅沢に配合しています。

 

デリケートゾーン向けボディソープ2位 薬用イビサソープの特徴

・殺菌・抗菌作用があり体臭を抑えるイソプロピルメチルフェノール配合

・肌荒れ、にきびを抑え、肌を整えるグリチルリチン酸ジカリウム配合

・女性のデリケートゾーンをやさしくケアする6種のジャムウ成分配合

・女性にうれしい5種のビタミンを配合

・お肌に優しい無添加仕様

価格 通常価格5800円
評価 評価4
備考 毎月100名限定31パーセントオフ3970円(税別)、28日間返金保証
デリケートゾーン向けボディソープ2位 薬用イビサソープの総評

デリケートゾーンのにおいが気になる女性のためのボディソープです。

薬用W成分配合で、においの原因となる雑菌を徹底的に消去します。

デリケートな部分をやさしくケアする6種の天然植物エキスをたっぷり配合しています。

お肌への刺激を考慮して、香料や着色料などの添加物を使わないお肌に優しいアミノ酸系ソープです。

 

デリケートゾーン向けボディソープ3位 コラージュフルフル泡石鹸の特徴

・真菌の繁殖を抑える抗菌成分ミコナゾール硝酸塩を配合

・細菌の増殖を抑制する殺菌成分を配合

・低刺激、無香料、無色素、弱酸性。パッチテスト済みでデリケートな肌にも使える

・ワンプッシュでクリーミーな泡が出るので泡立てが不要

価格 300ml1本2300円
評価 評価3
備考 先着1000名送料無料、コラージュBK約500円分プレゼント
デリケートゾーン向けボディソープ3位 コラージュフルフル泡石鹸の総評

おりものやムレによるデリケートゾーンのにおいに悩む女性のためのボディソープです。

においの原因となるカビと雑菌をwで抑制する成分を配合しているので、菌もにおいもきれいに洗い流せます。

お肌への刺激に考慮した低刺激性処方ですので、デリケートな肌にも使えます。

泡立てる必要がなく、こすらずにそのままやさしく洗うだけで、汚れを落とします。

デリケートゾーン向けボディソープでにおいをケアできる理由

デリケートゾーン向けボディソープは、普通の石鹸やボディソープではなかなか抑えることができないにおいをケアできる成分を配合しています。

 

デリケートゾーン向けボディソープは、普通の石鹸やボディソープとのいちばん大きな違いは、アルカリ性ではないということです。

 

デリケートゾーンのにおいは、おりもの、尿、汗、垢、経血などを栄養分にして雑菌が繁殖することによって発生します。

 

おりものや尿はアルカリ性ですから、アルカリ性である普通の石鹸やボディソープで洗うと、表皮ブドウ球菌や乳酸菌などデリケートゾーンに必要な常駐菌まで流されてしまいます。

 

なので、かえってにおいが悪化したり、肌への刺激によって黒ずんだりしてしまいます。

 

これに対しデリケートゾーン向けボディソープは弱酸性に保ったまま雑菌を洗い流すので、においを抑えることができるのです。


デリケートゾーン向けボディソープの使い方

デリケートゾーン向けボディソープの効果を最大限にひきだすためには、正しい使い方をすることが大切です。

 

デリケートゾーンの肌や粘膜は薄くて傷つきやすい場所です。

 

そのためごしごしこするのではなく泡立てた石鹸でパックするように洗うのがおすすめです。

 

まず石鹸をしっかり泡立ててから陰毛からデリケートゾーンまでを包み込むようにパックします。

 

そのまま3分ほど置いてから、弱めのシャワーで泡を洗い流します。

 

肌への負担を軽くしながら、泡で汚れを浮かせて、常駐菌を残したまま雑菌だけを洗い流すのです。

 

この時注意したいのは、膣の内部は洗わないことです。

 

膣の中には自浄作用のある液が分泌されているため、これを洗い流してしまうと細菌が増えやすくなり、においの原因となります。

 

洗浄後は保湿するようにすると、黒ずみ対策にもなります。


デリケートゾーン向けボディソープがしみる場合

刺激の弱いデリケートゾーン向けボディソープがしみる場合は4つの原因が考えられます。

 

陰部に小さな傷がある

1つ目は陰部に小さな傷がある場合です。

 

陰部はとてもデリケートな場所なので、性行為やトイレで強く拭いたりするだけで傷がついてしまうことがあります。

 

デリケートゾーン向けボディソープで洗うときも、ごしごし強くこするのではなくやさしく丁寧に洗うことが大切です。

 

外陰炎

2つ目は外陰炎である場合です。

 

外陰炎は小さな傷のほかムレや摩擦から起こることもあります。

 

下着はこまめに取りかえて清潔に保つことが必要です。

 

膀胱炎

3つ目は膀胱炎である場合です。

 

デリケートゾーン向けボディソープがしみるのに加えてトイレが近くなったり残尿感があるときは、膀胱炎の可能性があります。

 

膀胱炎は自然に治ることもありますが、やはり泌尿器科の診察を受けるのがおすすめです。

 

カンジダ膣炎

4つ目はカンジダ膣炎の場合です。

 

カンジダ膣炎は膣内の抵抗力が落ちてカンジダという真菌が増えることによって起こります。

 

カンジダ膣炎の疑いがある場合も早めに医院で治療を受けるのがおすすめです。


1位のクリアネオパールがおすすめの理由

クリアネオパールがおすすめの理由は3つあります。

 

1つ目は肌に優しい低刺激性処方であることです。

 

肌に刺激を与える着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、パラペン、シリコーンは添加されていませんので、肌を傷めずに安心して使うことができます。

 

他の2製品も低刺激を謳っていますが、無添加を表示している刺激成分は薬用イビサソープが5種類、コラージュフルフル泡石鹸が2種類で、6種類の刺激成分無添加のクリアネオパールがいちばん優れています。

 

2つ目は泡立ちのよさです。

 

5種類の洗浄成分が配合されているクリアネオパールはきめ細かなシルクのような泡感を実現し、デリケートな肌を洗い上げます。

 

他の2商品は最初から泡状で出てくるタイプなので、それ以上泡立ちをよくすることができません。

 

3つ目は保湿成分が配合されていることです。

 

クリアネオパールにはヒアルロン酸やコラーゲンを始め実に15種類もの保湿成分が配合されています。

 

保湿成分がたくさん含まれていると、お風呂上がりもみずみずしい肌がキープできるのです。

 

以上の点からみてクリアネオパールがいちばんのおすすめですね。